研修医・医学生の方

臨床研修プログラム・専攻医

初期臨床研修プログラム

当院は、筑波学園都市の北面に位置し、地域基幹病院として機能しています。これまで、医療に正面から向き合い、地域のニーズに応えることを最優先にしてきた結果、現在は、急性期医療を核とし、リハビリテーション、慢性期療養、老人保健施設、訪問診療、人間ドックなどを網羅する、いわば自己完結型の医療施設へと発展しました。このような背景から、医局ではジェネラリストを尊重すると共に、ジェネラリストとしての基盤を持つ、質の高いスペシャリストの育成を目指しています。

経験豊富な各診療科指導医から直接指導が受けられるだけでなく、全科共用の大医局で、風通しの良いコンサルテーション、垣根のないディスカッションが可能であり、医局全体で研修医の成長をバックアップします。

研修スケジュール(例)

研修スケジュール(例)

内科24週:循内・消内・血内・代内・呼内より選択

救急12週:12週のうち4週は、希望があれば3次救命救急センターまたは当院麻酔科で研修が可能。

地域医療:筑波総合クリニック研修に加え、在宅医療機関で研修

外科4週:消外・呼外・心外より選択

産婦4週:大学病院・市中病院より選択

精神4週:大学病院・市中病院より選択

小児4週:大学病院・市中病院より選択

一般外来4週:並行研修またはブロック研修

病院必修として外科4週(消外・呼外・心外・整形・脳外より選択)と麻酔科4週の研修を行う。

選択科:内科系・外科系・麻酔・産婦・精神・小児・放射線科・眼科・形成・耳鼻科・リハビリ
(課目によっては協力型病院で研修が可能:それぞれの選択期間については要相談)別途選択で、協力型病院での研修も可能。

内科専門医研修プログラム・外科専門医研修プログラム

筑波記念病院は茨城県つくば市に位置し、平成24年より茨城県より民間病院としては、はじめての地域支援病院の認定を受け、つくば医療圏の地域中核病院としての機能を果たしています。筑波記念病院は2次救急病院であり、年間2500~2800件の救急搬送を受け入れています。

病床数は487床(急性期病床、回復期病床、療養病床を有し、ほかに老健施設(つくばケアセンター)、健診センター(つくばトータルヘルスプラザ)を有する自己完結型病院として展開してきましたが、地域支援病院の認定を受けたあとは、地域完結型病院へと発展しています。筑波記念病院には、28診療科(病理医1名、放射線診断医3名リハビリ専従医3名を含む)があり、内科系には循環器内科(指導医4名)、消化器内科(指導医3名)、血液内科(指導医2名)、呼吸器内科(指導医1名)、糖尿病・代謝内分泌内科(指導医2名)、神経内科(指導医1名)、救急(指導医1名)の7科。外科系には消化器外科(指導医2名)、心臓血管外科(指導医3名)、呼吸器外科(指導医2名)、があります。

筑波記念病院の特記すべき特徴としては全国的でもトップレベルにあるリハビリテーション(リハ)機能を有しており、運動器リハ以外に、がんリハ、心リハ、呼吸器リハ、無菌室リハなど内科疾患別リハなどの併用により、患者の退院後のQOLの向上に大きく寄与しています。

このように、地域に密着した地域医療の中核をなす筑波記念病院でのprimary careを核とした臨床研修は高度な内科臨床能力を基礎にした患者に寄り添う優れた医師を育てられる環境・医療水準を有しています。

内科基本(標準)コース

内科基本(標準)コース

i. 基幹病院(筑波記念病院)にて内科(1)~(4)を研修する。(1)~(4)は以下より順次選択

[消化器内科、循環器、血液、代謝・内分泌、呼吸器・アレルギー]

ii. 連携施設(1)~(3)は以下の3連携施設から順次選択。各施設では3か月単位で2科を選択

[筑波大学附属病院:神経、膠原病・リウマチ、腎臓、代謝内分泌、総合から2科を選択]
[東京都立墨東病院:ER/救急、総合、膠原病、感染症から2科を選択]
[東京医大茨城医療センター:腎臓、呼吸器・感染症、神経から2科を選択]

iii. 連携施設(4)は以下の3連携施設から1施設を選択する。

きぬ医師会病院・龍ケ崎済生会病院・協和中央病院より選択し、内科疾患全般を経験する。

ⅳ. 研修1年目は

・筑波総合クリニックにて総合内科外来を週1回と救急当番を月2回程度行う。
・JMECC講習を受講する。

ⅴ. リハビリ研修

・筑波記念病院が有するリハビリ機能を通して急性期から在宅医療までの継続したリハビリ治療を経験する。

外外科基本コース科基本コース

外外科基本コース科基本コース

◆ 専門研修1年目(外科基本コース)
基幹施設である筑波記念病院に所属し研修を行います。
経験症例 100例/年以上(術者30例/年以上)

◆ 専門研修2年目(外科基本コース)
連携施設(1)~(4)は、東京医科大学茨城医療センター・小豆畑病院・茨城県立こども病院・北茨城市民病院・川﨑胃腸科肛門科病院のうちいずれかに所属し研修を行います。
消化器外科/心臓血管外科/呼吸器外科/小児外科/乳腺・内分泌外科
経験症例 100例/年以上(術者45例/年以上)

◆ 専門研修3年目(外科基本コース)
連携施設(5)~(6)は、東京医科大学茨城医療センター・小豆畑病院・茨城県立こども病院・北茨城市民病院・川﨑胃腸科肛門科病院のうちいずれかに所属し研修を行います。
10月~基幹施設である筑波記念病院に所属し研修を行います。
消化器外科/心臓血管外科/呼吸器外科/小児外科/乳腺・内分泌外科
経験症例 150例/年以上(術者45例/年以上)

医師数等

医師数 101名
指導医数 44名(未確定)
研修医数 12名
研修医の主な出身大学 東京大学、東京医科歯科大、筑波大、山形大、東海大、獨協医科大、ハンガリー医大、ルーマニア医大など

お問い合わせ・病院見学申し込み

筑波記念病院 臨床研修担当 事務 風野・初澤

E-mail:recruit@tsukuba-kinen.or.jp

電話:029-864-6860(直通)
029-864-1212(代表)