診療科・部門紹介

緩和ケア

「病気に伴う心と体のつらさを和らげること」

病気やその治療に伴う仏痛・呼吸困難・倦怠感などの「体のつらさ」や不安・気分の落ち込み・悲しみなどの「心のつらさ」は終末期に限らず早期から存在します。つらさを和らげる治療やケアを行うことによって、患者さんとご家族のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を維持または向上し、最期までその人らしく生活を送れるように、患者さんと家族を支えていく、それが緩和ケアです。

緩和ケアというと終末期に行われるケアであると思われている方も少なくないかもしれませんが、がんの診断時から治療と並行して行われ、がん治療を支えるとともに、常に苦痛の緩和を目指しています。
また、「緩和ケア=がん」と捉えがちですが、現在はがん以外にも、慢性心不全・慢性呼吸不全・慢性腎不全といった慢性疾患や神経難病などの、病気と付き合いながら生きていこうという疾患もケアの対象となっています。

医師スタッフ紹介

非常勤

長岡 広香(ながおか ひろか)

【専門領域】

緩和ケア全般

【学位・学会認定】

日本内科学会 認定内科医 

日本内科学会 内科指導医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本緩和医療学会 暫定指導医