診療科・部門紹介

睡眠呼吸センター

睡眠時無呼吸症候群(SAS:サス)は寝ている間に現れる症状で、無自覚のうちにSASになっている患者さんが実は多いと考えられています。そして、該当しているにも関わらず、SASのことを知らない方が非常に多いのです。自覚症状が少なく病気の知名度も低いSASですが、日本国内での潜在患者は200~300万人に上るともいわれている、とても身近な生活習慣病のひとつです。
SASの患者さんは、夜間に繰り返し起こる無呼吸により、身体が低酸素状態(酸素が足りない状態)となります。質の良い睡眠が妨げられ、脳や身体の疲労が完全に回復できなくなり、わずかな睡眠不足が積みあがっていく現象、「睡眠負債」を引き起こします。一方で、睡眠時無呼吸の発作が起こると、低酸素と正常な酸素状態が繰り返され、血圧の急上昇・急降下、「血圧サージ」が起こります。毎晩、1時間に何回も、そして何年も繰り返されるわけですから、心臓に蓄積する負担は計り知れません。「睡眠負債」と「血圧サージ」を引き起こすSASはとても深刻な病気と言えるのです。

睡眠呼吸センター長 末松 義弘

診療内容

SAS患者に多い合併症

  • 循環器疾患:心不全、脳卒中、不整脈、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、急性大動脈解離、突然死、糖尿病
  • 心臓以外の病気:ED、がん、認知症

SASの検査

① 問診
・いびきをかく、呼吸が止まる
・肥満の傾向がある
・昼間の居眠り
・夜中にトイレに起きることがあるか、それはひと晩に何回くらいか
・起床時に頭痛が起こるか
SASでは高血圧を併発していることが多いので、問診では血圧測定も行われます。
② スクリーニング(「昼間の眠気指標」を用いた簡単なチェック)
③ 自宅や医療機関で睡眠中の状態を「検査」
・自宅で手軽にいびきや呼吸をチェック出来る簡易検査
・医療機関に1泊する精密検査(当院では、仕事などへの支障が少ないよう、仕事終りの夜に入院して検査をし、翌朝出勤前に退院できるよう配慮しています。)
④ その他(睡眠検査以外)の検査
これらの睡眠検査以外にも、必要に応じていろいろな検査を行うことがあります。

SASの治療
SASに対する治療の第一歩は自分の状態と治療の意義を理解することです。多くの場合、SAS治療とは長い付き合いになります。だからこそ、治療を始める前に自分のSASの重症度をきちんと把握しておくこと、治療の意義を十分に主治医と話し合っておくことが大切です。ご家族やパートナーの理解も心強いでしょう。治療に加えて、生活習慣の改善が必要になるのは言うまでもありません。

 

医師スタッフ紹介

睡眠呼吸センター長

末松 義弘(すえまつ よしひろ)

睡眠呼吸センタースタッフ(循環器内科医師)

竹井 義純(たけい よしずみ)

耳鼻咽喉科医師

及川 慶子(おいかわ けいこ)

耳鼻咽喉科医師

中森 暁子(なかもり あきこ)

ナースプラクティショナー

田草川 明子(たくさがわ あこ)

コーディネーター

寺田 綾(てらだ あや)

歯科登録医

やまぐち歯科医院(やまぐちしかいいん)